r-photo

カテゴリ:こんな夢をみた( 4 )

こんな夢をみた

c0095644_22582179.jpg

たぶん死んだのだと思う。

クリスタル宮殿の広間に立っていた。

白いドレスをまとった人々が、ゆったりと舞いはじめた。
一揺れするごとに表皮が硬くなって少しづつ兜虫のような虫に変容していく。
その様子が美しくて、コンテンポラリーダンスの振り付けは、
ここからヒントを得ているんだろうなと考えていた。


目が覚めた時、まだ死にたくないな、と思った。







[PR]
by rika_okubo3 | 2007-02-06 23:24 | こんな夢をみた | Comments(0)

こんな夢をみた

c0095644_454750.jpg

隣の部屋の女たちの気配が壁越しに伝わってくる。
料理を待ちかねて、しびれを切らしているのだ。

古い冷蔵庫を開けると、庫内灯に照らされた赤い大きな魚が三尾きっちりと並んでいる。
料理をしようにも方法を知らない。
腹にコーヒー豆をつめるのか、
それとも草をつめるのか、
空ろなまま魚を見つめている。


振り返ると、
円テーブルに置かれた黄色いランプの光に照らされた女たちの顔が、ずらりと並んでいた。







[PR]
by rika_okubo3 | 2007-02-03 04:23 | こんな夢をみた | Comments(0)

こんな夢をみた

c0095644_16102958.jpg

台所の、一段だけ使っていない引き出しを開けると、
小豆大ほどの黒くなまなましく光る虫が、四角い空間を埋め尽くすようにうごめいていた。
「ひぃーーーー」という自分の声で目が覚める。

その日の午後、夢と同じその引き出しを、おそるおそる開けた。
うっすらと塵に覆われた白い空間がひっそりとあった。



[PR]
by rika_okubo3 | 2007-01-28 16:42 | こんな夢をみた | Comments(0)

Records

c0095644_10385053.jpg

砂漠に在る、記憶の箱の奥深くに降りる夢を見た。
月に照らされた百合の咲く荒野を抜け砂地を歩き続けると、忽然と大きな岩のような箱が現れた。
甲冑姿の男が、記憶の庭へたどりつけ、と朱塗りの采配を振り箱の中の地下道へ続く階段を指した。









[PR]
by rika_okubo3 | 2007-01-22 11:03 | こんな夢をみた | Comments(2)