r-photo

鳥のこえ

c0095644_838179.jpg

[PR]
by rika_okubo3 | 2011-06-16 08:44 | | Comments(4)
Commented by Rie at 2011-06-17 00:20 x
6月24日が美空ひばりの命日で、
その特集番組をさっき見た。
だもんだから、このタイトルと写真で、ひばりの鳴き声が聞こえてしまった。
美空ひばりって素晴らしい。
メロディーにのせた言葉が胸に沁みるもの。
感動してしまった。
Commented by rika_okubo3 at 2011-06-18 17:37
Rieさん
ひばり、の声かあ。人間のひばりと鳥のひばりの声がかさなって、
なにかちょっと、哀しいような響きにきこえてしまった。
それはきっと、美空ひばりが故人だからなのかな。終わってしまった
ことって現在形のものごとよりも、背景をくっきりと感じてしまいます。

Rieさんが美空ひばりの特集をみているころ、わたしはフラメンコの
カンテの特集をみていました。歌詞がね、おもしろいなあ、と思って。
そしてあの歌声にのせるとなにか不思議なことがおこるなあ、と。
Commented by Rie at 2011-06-19 21:03 x
フラメンコかぁ。。。
ずーっと昔、新宿のどこかにある、
お酒を飲みながらフラメンコの舞台を楽しめるお店に連れて行ってもらったことがある。
そこで、ワインとブラックオリーブの愛称がいいことを知り、
今でもブラックオリーブは好物。
フラメンコは、情熱的でほとばしるような感情と、
悲哀に満ちているように見える女性ダンサーの顔が好き。
眉間のしわとか、熱いまなざしとか。
そういえば、先日観たブラック・スワンも、
白鳥がみせる悲哀に満ちた表情にやられた。
Commented by rika_okubo3 at 2011-06-19 23:16
Rieさん ワインとブラックオリーブ、いい組み合わせ♡
そういえば、知人がマドリードに住んでいます。もともとラテン系の
風貌だけれど、さらに濃くなって指先から脂がしたたりそうな位(笑)
眼もぎらぎらとして、肉と太陽の匂いがする人になったなあ、と会う度に思います。
フラメンコは昔好きだったなあ。メロディーも叫ぶような声も、踊りもギターも。
今はときどきTVなんかで偶然に見るくらいだけれど、今は詩に
惹かれるようになりました。シュールで、ふしぎーな気持ちになります。
背景がわからないからかもしれないけれど。
「俺を知らない奴がいた。俺を知らない奴がいた〜〜。居酒屋で!!
なんてこった、俺を知らないなんてー。」でタバコがどうのこうの
というセリフがあって、「俺は嬉しかったー!!」みたいな。
そのリフレインも面白くて。

ブラック・スワンは今見たい映画のひとつです。