r-photo

夏の夜の物語

c0095644_6105628.jpg

[PR]
by rika_okubo3 | 2011-07-16 19:57 | | Comments(4)
Commented by r_magnolia at 2011-07-19 22:15
不思議。
下の駅は、タイトル見なくても駅に辿り着いた感があって
とてもリアルに感じるのに、
↑は、私の暮らす世界とは別のものを
覗き見てしまったかのような距離感を感じます。
人が集団で円陣を組んでいると、そこだけにある種の世界が生まれるとは思うけど、
仄暗い中にひとつの明かりがあるから余計に。
Commented by shgeko at 2011-07-21 07:00 x
暗がりは人と人との距離を近づけるのかしら。
この写真は自分の中にある原始的な情緒をゆり動かされるような気がします。
Commented by rika_okubo7 at 2011-07-21 13:57
Rieさん 
そうか、行き先がね、はっきりしてないのね、きっとこの写真。
うまくいえないけれど、写真をなかの人たちは、明かりを見ては
いるけれど、正体がはっきりしないものを見ているというか。
そういう感がする。なにか気違いじみてはいるけれど、もろく
もあるような。
Commented by rika_okubo7 at 2011-07-21 14:00
shigekoさま
暗がりはね、亡霊の距離とも近くなるのよ、きっと。
しげこさんのおっしゃっていること、わかるような気がします。
優しい気持ちにも残酷な気持ちにもなれるような。
食うための炎のような、弔いのための炎のような。